モチベーションアップに使える助成金

社員がイキイキと働ける会社に

皆さんの会社では、社員がイキイキと働いていますか?

社員が働きやすい環境を作り、社員のモチベーションを上げることで、様々なメリットがあります。

1,離職率が下がる

少子高齢化、人口減少により、今後一層人材の確保は難しくなります。

また、東京一極集中により地方の中小企業は更に厳しい環境におかれることは想像に難くありません。

そのような中で、まず取り組むべきことは「離職率の低下」すなわち、既存の社員をより大事にして、

少しでも会社に定着してもらう仕組みづくりが重要です。

仕組みづくりや、制度を作るには何と言ってもお金がかかるものです。

今年度の助成金は、その費用面を補うものが豊富です。

2,生産性が上がる

働きやすい環境を作ると、社員のモチベーションが上がります。

その効果は、離職率の低下だけでなく、生産性の向上にもつながります。

働きやすい環境は、「将来を考えやすい環境」と言い換えることもできます。

一人一人の社員を戦力化しつつ、キャリアステップを明確にすることで、

生産性が向上します。

3,採用に強くなる

働きやすい環境というものは、今いる社員にとって魅力的なだけでなく、

外から見ている人にとっても魅力的なものです。

今は「給料で仕事を選ぶ」時代ではなくなりつつあります。

自分のキャリアをその会社できちんと組み立てられるか、もしくは自分の望む働き方を実現できるか、

など、従来の雇用条件のみが会社の決め手ではなくなりつつあるのです。

制度を作ると、採用活動の際にアピールポイントとして打ち出すことも可能であり、

なおかつ働いている社員の満足度をアピールすることができます。

職場意識改善助成金
(勤務間インターバル制度導入コース)
人事評価改善等助成金 職場定着支援助成金 
 勤務時間を規定することで助成  人事評価制度の導入で助成 雇用管理制度の導入で助成
人材開発支援助成金
(キャリア形成支援制度導入コース)
キャリアアップ助成金
(賃金規定等共通化コース)
キャリアアップ助成金
(正社員化コース) 
 人材育成制度の導入で助成  正規・非正規の賃金共通化で助成 正社員転換で助成
助成金無料相談 電話で予約 0120-367-789 今すぐ相談(無料)